本文へスキップ
大腸・肛門外科・外科・内科・リハビリテーション科、
医療法人グランセル佐藤実病院です。
   医療法人 グランセル TEL 089-925-5544
      〒790-0811
           愛媛県松山市本町6丁目3-1




トップページごあいさつ診療時間
業務内容大腸・肛門科アクセス PC版




CTCについて

 当院では、平成18年9月、GE社製最新CT装置「BrightSpeed Excel」を導入しました。このCTは、短時間で被曝が少なく、鮮明な画像により、三次元画像を構築し、大腸癌のスクリーニング検査に有用とされるCT Coonography (CTコロノグラフィー(CTC))検査も可能となりました。
 CTCの検査方法は、通常の大腸内視鏡検査と同じ前処置をし、検査前までに便等の大腸内容物を排泄します。その後、大腸内に空気を注入し大腸を十分に伸展させ通常のCT検査を行います。この検査は内視鏡を用いることなく、がんやポリープを発見できる最新の検査法です。
 CTCは低侵襲的に検査を行いますので、大腸内視鏡を用いる従来の検査法に比べ、患者様の苦痛も少なく、CT室に入られて検査が終了し、退室されるまで10分程度と短時間で検査ができます。
また、撮影された画像をコンピューター処理することにより、様々な角度から観察できますので、内視鏡では見えにくい襞の裏に存在する病変も確認できます。
この検査に腫瘍マーカー等の血液検査を加えることにより、がん発見の精度がさらに上がることが期待されます。


Review mode


Navigation view  
CT的内視鏡画像


Volume Rendering 大腸三次元画像 



Lumen view 展開画像

CTC検査の詳細はお気軽に当院までお問い合わせください。
 



 医療法人 グランセル
 

佐藤実病院
〒790-0811
愛媛県松山市本町6丁目3-1
TEL 089-925-5544
FAX 089-925-5943